⇒概要と沿革
 ⇒業務案内
 ⇒ブルガリアローズ研究資料
  ⇒お問い合わせ
「ブルガリア国立バラ研究所」は、ローズオイル、ウオーターの品質を維持・管理する歴史ある機関です。ブルガリアやヨーロッパ規格に基づいた厳しいチェック項目を課し、それをクリアしたものだけに「分析証明書」を与えています。1927年の創設以来、その厳格な品質基準を維持し今でも「世界一の品質」を守り続けています。また、ブルガリア産ローズオイル、ウオーターの魅力を正しく認識していただくために、研究資料の発表や啓蒙活動にも力を注いでいます。
 ROSE EXPRESS − 研究所レポート
2017年11月
ブルガリアローズ、そして当研究所をお引き立て頂いております日本の皆さまに、研究所スタッフ一同より新年のご挨拶を申し上げます。2017年、私達は皆さま方とのより強い絆を再構築することで、新しい領域、新しい希望を見出し、その目標達成のために果敢にチャレンジしていく所存です。皆さま方のさらなるお力添えをいただきたく、今年もよろしくお願いいたします。
◆速報! 花の生産量が多くバランスの取れた高品質となった今年のローズオイル。ただ、価格はさまざまな要因から昨年並みに推移しています。

摘み取りを妨げた悪天候によるオイルコストの増大で未曾有の高価格となった昨年のローズオイル市場。今年は、花の価格の乱高下で一喜一憂する場面もありましたが、最終的には良好な生産量となりました。

4月の寒波により収穫当初のオイルの含有量は軽く、極めて悪いものでした。しかしながら花の量は非常に豊富でオイルの生産量も昨年より1トン多く、また、各成分のバランスの良いオイルが生産されました。ただ、価格は昨年並みとなりました。
その要因としては、次のようなことが考えられます。
・収穫時の始めと終わりで乱高下を繰り返した花の価格の高騰
・花の需要量の増大
・摘み取りの労働者不足による生産コストの増大。
こうした状況から、昨年同様に品質低下が見られるオイルが一部に出回っているという報告も届いています。当研究所では、基準を満たさない粗悪品、他国産のローズオイルとの混ぜ物、産地の偽造などへの警戒を強めています。日本の市場関係者には、輸入、購入の際には、分析証明書だけではなく、輸入量・購入量が明記されているか否かを確認していただきたくお願いいたします。万一ご不審のある場合にはお問い合わせください。
分析依頼者に対する証明書 (PDFファイル)
研究所にて一括管理・保管している
ブルガリアメーカーに発行される総量の分析証明書
 (PDFファイル)
バイヤーがブルガリアメーカーに要求した際に発行される分析証明書
右上には番号が振ってあり商品に添付されます 
(PDFファイル)

Copyright:(C) State Laboratory Burgarska Rose Ltd. All Rights Reserved.